(株)8010(パレット)
「(株)8010(パレット)」HOMEへ

太平洋向け輸出梱包材

熱処理パレット
輸出用パレットの熱処理
ニュージーランド向け輸出梱包材
1.対象

品目を支持、保護あるいは運搬するための木材こん包材(ダンネージ、木枠、パレット、ドラム、木箱など)

2.消毒の内容

次のいずれかにより消毒処理すること

(1)国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Tによる処理

(2)ニュージーランドの既存の規則による処理

・ 臭化メチル(CH3Br)くん蒸

10℃以上で単位薬量80g/m3により24時間くん蒸

・ リン化水素くん蒸 (材厚50mm以下、含水率25%以下の木材こん包材にのみ適用できる)

10℃−30℃で単位薬量1.41g/m3により72時間くん蒸

・ フッ化スルフリル(SO2F2)くん蒸

10℃以上で単位薬量80g/m3により24時間くん蒸

・ 熱処理

材中心温度が最低で70℃に達してから4時間以上処理すること。

3.消毒済みマークの表示 (証明書)

次のいずれかにより証明すること

(1)国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Uによりマーク表示(輸出用木材こん包材消毒実施要領(平成15年10月16日付け消費・安全局長通知)別記様式4の押印)をすること。

マーク表示は、少なくともこん包材の相反する2面になくてはならない。

(2)消毒処理した旨の記載のある証明書を添付すること。

4.実施月日

当該規制は、2003年4月16日から実施する。

6.不適合の場合の処理

こん包材に規制病害虫が発見された場合は、返送、廃棄、消毒される。

樹皮又は重量比で0.01%を超える土壌あるいは有機物(葉、小枝)の付着した木材こん包材は除去(可能な場合のみ)又は消毒、積戻しあるいは廃棄される。

 

国際基準No.15について
関連リンク
木製パレット
各地域の基準
北米
ヨーロッパ
アジア
アフリカ
太平洋
中南米
製品案内
木製パレットの種類
木製パレットの価格
お買い得パレット!
設備案内
木製パレット関連設備
木製パレット
(株)8010(パレット)会社案内
ごあいさつ
会社概要
お問合せ
オーストラリア向け輸出梱包材
1.対象

木材こん包材及びダンネージ

2.消毒の内容及び証明方法

木材こん包材及びダンネージは次により措置すること。

(1) 国際基準No.15に従う場合

ア 熱処理による場合

 (a) 消毒基準

木材の中心温度が56℃で30分間

(b) 証明方法

・ 国際基準No.15の付属書Uに掲載されている(HTの文字の入った)マークをこん包材に付けること。

・ オーストラリアは、ステッカーの使用は認めていないので、スタンプを押印すること。

 ・ 国際基準No.15用のこん包材声明を貿易関係書類に添付すること。

(FCL用、LCL用、FCL/LCL用を参照)

・ 処理後21日以内にコンテナー内に積み込むとの規則は適用されない。

イ 臭化メチルくん蒸による場合

(a) 消毒基準

温度21℃以上では、濃度48g/m3で24時間

21℃以下に温度が下がると予想される場合、5℃下がるごとに、臭化メチルを8g/m3加えること。10℃以下の処理を認めない。

(b) 証明方法

・ 国際基準No.15の付属書Uに掲載されている(MBの文字の入った)マークをこん包材に付けること。

・ オーストラリアは、ステッカーの使用は認めていないので、スタンプを押印すること。

・ 国際基準No.15用のこん包材声明を貿易関係書類に添付すること。

   (FCL用、LCL用、FCL/LCL用を参照)

・ 処理後21日以内にコンテナー内に積み込むとの規則は適用されない。

(2) 独自要求に従う場合

ア 熱処理

(ア) 熱処理T(キルンドライ)

(a) 消毒基準

 (T9912) を参照

(b) 証明方法

・ 処理証明書(別添KD、HT)を添付すること。

・ こん包材声明を貿易関係書類に添付すること。

(FCL用、LCL用、FCL/LCL用を参照)

(国際基準No.15による場合と様式が異なるので注意すること。)

 (イ) 熱処理U

(a) 消毒基準

木材の中心温度が56℃で30分

(b) 証明方法

・ 公式の植物検疫証明書又はオーストラリア検疫当局(AQIS)が認定した政府プログラム若しくはこれと同等のプログラムにより認定された処理実施者が発行した処理証明書の添付をすること。

・ 処理後21日以内にコンテナー内に積み込むこと。

イ 臭化メチルくん蒸

(a) 消毒基準

温度21℃以上では、濃度48g/m3で24時間

21℃以下に温度が下がると予想される場合、5℃下がるごとに、臭化メチルを8g/m3加えること。10℃以下の処理を認めない。

(b) 証明方法

・ 処理証明書(別添FC)を添付すること。

 ・ こん包材声明を貿易関係書類に添付すること。

 (FCL用、LCL用、FCL/LCL用を参照)

・ 処理後21日以内にコンテナー内に積み込むこと。

ウ フッ化スルフリルくん蒸

(a) 消毒基準

21℃以上 64g/m3 16時間

15.5−20.5℃ 64g/m3 24時間

10−15℃ 80g/m3 24時間

4.5−9.5℃ 104g/m3 24時間

4.5−9.5℃ 80g/m3 32時間

 (b) 証明方法

 ・ 処理証明書(別添FC)を添付すること。

・ こん包材声明を貿易関係書類に添付すること。

・ 処理後21日以内にコンテナー内に積み込むこと。

エ その他の消毒方法

(a) 消毒基準

付属書I : 材木の認定永続的防腐剤処理を参照

(b) 証明方法

・ 処理証明書(別添PITC)を添付すること。

・ こん包材声明を貿易関係書類に添付すること。

(FCL用、LCL用、FCL/LCL用を参照)

(3)Plywood(合板)のこん包材

日本産のPlywood(合板)を使用してこん包する場合は、3ヶ月以内に製造された未使用の合板を使用すること。

この場合、Plywood(合板)の証明として「Manufacturer Letterhead」を添付すること。

4.実施月日

当該規制は、2004年9月1日から実施する。

6.不適合の場合の処理

AQISの要求を満たしていない場合は、再輸出又は廃棄等いくつかの選択肢による。オーストラリア到着後の処理は、輸入者の経費負担となる。

株式会社 8010(パレット) 〒581-0039大阪府八尾市太田新町1-290 TEL:072-949-0100 FAX:072-949-4841 copyright(c)2009.KSP co.ltd.,allright reserved.