(株)8010(パレット)
「(株)8010(パレット)」HOMEへ

中南米向け輸出梱包材

熱処理パレット
輸出用パレットの熱処理
コロンビア向け輸出梱包材
1.対象

品目を支えたり、保護したり、運んだりするのに使用する木材又は木材製品(ダンネージを含む、紙製品を除く。)

ただし、接着剤、熱、加圧又はその組み合わせを用いて造られた木材製品を除く。

2.木材こん包材に求められる要求内容

(1) 国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Tを満たす処理がなされていること。

(2) 国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Uによりマーク表示(輸出用木材こん包材消毒実施要領(平成15年10月16日付け消費・安全局長通知)別記様式4の押印)をすること。

マーク表示は、こん包の見えやすいところになければならず、また少なくとも相対する2面にあるのが望ましい。

3.消毒済みマークの表示

国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Uによる。スタンプのような永久的なもののみ認める。

(スタンプについては、我が国の「輸出用木材こん包材消毒実施要領」に定めるマーク表示を認める旨回答あり。)

4.実施月日

当該規制は、2005年9月15日以降にコロンビアに到着(入港月日)する荷口から実施する。

6.不適合の場合の処理

輸入された木材こん包材が現行規則に不適合の場合は、次のうち一つが適用される。

・ こん包材の廃棄

・ 薬剤処理

・ こん包材の再輸出

・ こん包材の留置

なお、処理又はその他の措置に係る費用は、輸入者の負担となる。

国際基準No.15について
関連リンク
木製パレット
各地域の基準
北米
ヨーロッパ
アジア
アフリカ
太平洋
中南米
製品案内
木製パレットの種類
木製パレットの価格
お買い得パレット!
設備案内
木製パレット関連設備
木製パレット
ケー・エス・パレット会社案内
ごあいさつ
会社概要
お問合せ
コスタリカ向け輸出梱包材
1.対象

針葉樹又は非針葉樹の未加工木材から組み立てられたプラットホーム、積み込み用木材、木枠、ブロック、樽、箱、貨物用板、プラットホームカラー、くさびなどの木材こん包材

ただし、接着剤、熱及び加圧処理又はこれらの組み合わせで生産された合板、パーティクルボード、ファイバーボード、薄板だけから作成された木製こん包材及びベニヤのむき芯、鋸屑、原木のチップ、6mm以下に薄く裁断した切片、木毛には適用しない。

2.消毒の内容

木材こん包材は、次のいずれかの方法で消毒処理されなければならない。

(1)熱処理(HT)

木材こん包材は、剥皮された木材から作製され、材芯温度が56℃以上で30分以上の処理しなければならない。

また、熱釜乾燥(KD)及び薬剤加圧注入法又はその他の処理で、熱処理の基準を満たしている方法であれば、熱処理と同様と考えることができる。

(2)臭化メチルくん蒸処理(MB)

※ 最低温度は10℃を下回ってはならない。くん蒸時間は16時間より短くてはならない。

3.消毒済みマークの表示

国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Uによりマーク表示(輸出用木材こん包材消毒実施要領(平成15年10月16日付け消費・安全局長通知)別記様式4の押印)をすること。

マーク表示は、輸出用木材こん包材の両側少なくとも2カ所に表示すること。

4.輸入認可手続き

輸入港において、検査官は木材こん包材の中から無作為抽出により検査するものを選出し精査する。


6.不適合の場合の処理

国際基準No.15に従っていないことが決定した場合は、返送、消毒、廃棄する。


6.実施月日

当該規制は、2004年1月1日から実施する。

メキシコ向け輸出梱包材
1.対象

パレット、木箱、ケース、パッキングブロック、ダンネージ等の商品を支えたり、保護、運搬に使用される木材又は木材こん包材(紙製品は除く)。

ただし、接着剤、熱及び加圧処理又はこれらの組み合わせで生産された合板、パーティクルボード、オリエンタルストランドボード(OSB)、薄板だけから作成された木製こん包材には適用しない。

2.消毒の内容

木材こん包材は、次のいずれかの方法で消毒処理されなければならない。


(1)熱処理

木材の中心部の温度が最低56℃に達してから最低30分の熱処理をすること。

(2)臭化メチルくん蒸処理

少なくとも16時間くん蒸処理すること。

3.消毒済みマークの表示

国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書Uによりマーク表示(輸出用木材こん包材消毒実施要領(平成15年10月16日付け消費・安全局長通知)別記様式4の押印)をすること。

マーク表示は、輸出用木材こん包材の両側少なくとも2カ所に表示すること。

赤やオレンジの色を使用しないこと。

6.実施月日

当該規制は、2005年9月16日から実施する。

株式会社 8010(パレット) 〒581-0039大阪府八尾市太田新町1-290 TEL:072-949-0100 FAX:072-949-4841 copyright(c)2009.KSP co.ltd.,allright reserved.